fc2ブログ

映画がすきな日記

今日みた映画を忘れないように

プロフィール

Lisa

Author:Lisa
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画 (9)
日記 (4)
美術 (1)


映画|2011-08-30 14:18

「ツリーオブライフ」です。
結局父親とは鑑賞しませんでしたね、いつものことです。
神への語りかけが延々とナレーションで続きますが、語りかけるのは母親と息子です。
社会的な地位を手に入れた男(ショーン・ペン)は過去の記憶をたどるように
母親と父親、兄弟と少年時代の自分に思いをはせます。


テレンス・マリック監督、寡作秀作で有名。裕福な家庭に生まれハーバード大学で哲学を学び、フランスの大学で教鞭もとるかなりの秀才です。
「映画がすべてを語る」と世界的な映画祭でも出席せず、ベールに包まれた作家です。


おぉっ!と思ったのは、壮大な自然シーンの連続の中で恐竜が出てきます!
これにはどきーっとしました。ここまでするんだ、こんな映画もあるんだ!と感動しました。
あたらしい映画の姿をみたような気がします。
確かにこの映画、賛否がわかれるんだろうなと思います。
個人的には美しい映像のモンタージュ、そのなかに汚れを見たかったような気がします。
だからこそ映画自体が神様のようになってしまっている印象を持ったのでしょうけど。
見ている人が解釈する余地のないほどに徹底された「テレンス・マリック」の映画という感じを受けました。
悪く言えば映画の外にもうひとつの世界があるって気がつかせてくれるものとは真逆の映画かな。

こういう映画は10年に1本くらいひっそりと顔をのぞかせる程度であるべきです。
「華氏911」が受賞するカンヌですから当然のパルムドールなのでしょうね。
ん~でも、う~ん。
「愛がなければ人生はあっという間にすぎる。」心に響く言葉が沢山ありました。
役者の演技もすばらしく、緻密に描かれた物語、申し分のない強度をもった映画です。少し怖くなりました。
マリック監督、あんまり映画撮らないでね。って心のなかでつぶやきながら映画館を出ました。

隣の席の女の子は男の子に「よくわかんないね」と言って足をかさねて「もうすこしだけ遠ざかってくれないかなあ。」とつぶいていました。



ツリーオブライフ


スポンサーサイト







Yokohama Toriennale

美術|2011-08-28 19:04

ヨコハマトリエンナーレへ行って来ました!!
最近、なまの美術作品から離れていたので新鮮でした。
それから現代アートの文脈を(かなり大雑把に)勉強してきたこともあってひとつひとつの作品を今までよりもゆっくりじっくり楽しめました。(松田先生に感謝!!)

まさか「ブンミおじさんの森」の監督アピチャッポン・ウィーラセタクンが展示しているとは!
タイの自然、子供達はどこか心の奥で見たことのあるような風景に映ります。
綺麗に整列した記憶からはみだした、皮膚を撫ぜるような懐かくて甘い記憶がよみがえります。
アピチャッポンがカンヌでパルムドールを受賞したのが決定打ではあるとおもいますが
こんな素敵な作家が注目されていることに感動しましたしスペースをしっかりとって展示をしたヨコハマトリエンナーレに感謝です。
コンテンポラリーの作品が並ぶ中でひときわ異色をはなつアピチャッポンの存在はなんだかすごい良かった、
こんな映画や美術作品をつくれるようになりたい!と思いました。
去年なら通り過ぎていたかもしれません…。

それからデンマークの作家ヨアヒム・コースターのタランティスムとゆう映像(ダンサーが狂ったように踊りまくる)も面白かったです。しかし観客には空振りしている印象でした。
この作品はビジュアルも内容もデンマーク映画のような空気があって好みです。
まさにアピッチャッポンの対極のような作品ですが、身体をくねらせる人間をみているとなんだかおかしくなってきて、この映像をみている観客(直立してしかもどこか冷めている)と映像の中の人間のあいだに流れる理性のルールが脅かされる瞬間に苦笑いを漏らしてしまう、麻酔薬的映像でした。
どうしても私は映像作品と映画とを比べてしまうけど映画の世界が縮こまってきた最近を思うと美術の映像は広いのかぁ、いやじつは狭いのかぁと繰り返し考えていました。
それにしても、映像作品の多いこと!
いちばんぞっとしたのは制作に4、5年かけたという孫遜 (スン・シュン)の映像。
手書きアニメーションってめちゃくちゃ大変で、時間もかかるのでそれだけのエネルギーを持続させるテーマというのは本当に強いものです。(お金が入るわけでもないですし…)
だから私は映画よりも手作りのアニメーションに常々狂気にちかい凄みを感じていて
シュヴァンクマイエル、ノルシュテイン、パブラートヴァ、私が美術と映画をより深く好きになったのはチェコやロシアのアニメーション作家の影響で、日本というアニメ大国にいながらそうした外国の作品に小学生の頃から惹かれていました。そして美術と映画の境界を自由に行ったり来たりするあるいは飛び越えて違う世界に迷い込ませてくれるようなアニメーションに出会うと目がくらくらします。
でもスン・シュンのアニメーションはとてもひやっとしました。
スクリーンの前に座った瞬間、そーっと冷気が天井から降りてくるような(ちょうどエアコンの風が当たっていたのかも)…奇妙な世界でした。たびたび現れる巨大なハエ?に気持ちがわるくなり…

数日後、お風呂に入っていたら耳の後ろに小さなハエが飛んでいることに気がつきました。
美術って怖い。


オノ・ヨーコのガラスとミラーの迷路、そしてオノ・ヨーコから電話が掛かってくるかもしれない!というサプライズつきの作品にもぐっときました。
迷路の中に入った人たちが顔を合わせる瞬間の表情が素敵だったので写真を何枚も撮りました。
優しい言葉を耳元で囁かれるような、ユーモアに満ちたハッピーな作品だった。

それから巨匠(!)ダミアン・ハーストの蝶のステンドグラス。
宗教問題とエディプスコンプレックスの隠喩(多分ないけれど本質?笑)が絡み合っていて
こういう作品を有名人やお金持ちが収集するんだと思うとなぜかいやらしい感じがしました。
豪邸で男女が絡み合って悲劇をあらわすヨーロッパ映画のワンシーンを見ているような。(うーん、微妙!)
ダミアンの作品は色っぽいです(そんな風に感じるの私だけかな笑)。
死がテーマなのに少年ぽいからか
いやダミアン自身がかなりセクシーなんじゃないか。なんて思ったりして。
このあいだダミアンの画集(イギリスで酷評されているらしい!)を見たけれど、
幼稚さ?少年ぽさ?がかなり好みでした。(これを日本の若い人なら中二病とかいうのかな笑)
自分はどうもトリアーとかダミアンのような理性で固められたゆえに不自由な人に(作品よりも)魅力を感じてしまうみたいです。


最後にクリスチャン・マークレーの「時計」は完全な偏愛で、家のテレビで延々と流したいです。
とっても楽しいトリエンナーレでした。


映画は「ツリーオブライフ」と「一枚のはがき」を見ました。また別のときに書きたいです。
写真はダミアンとその実力を危うくしているらしい(そんなことがあるのか…)ペイント。



ダミアン・ハースト













my favorite movies

映画|2011-08-04 12:37


ジェリーフィッシュ。ほんとうに最高。
何度見ても飽きないし、愛おしい。映画の中で読まれる詩もいいんだなあ。
それから、アニエス・ヴァルダの幸福(と書いてしあわせ)!
このふたつは本当に外せないんだ。
人生で一度だけでも映画が撮れるとしたらこの二本のような映画を作りたい。
夏休みはお金もないので、美術史と映画史と英語を勉強してゆきます。
この夏は、やっぱりツリーオブライフではないでしょうか。
テレンス・マリックの新作!主演がブラット・ピットだから沢山の人がみるんじゃないかな。
シネコンとかでやってくれるといいけど。
ちなみに思い切って父親と見に行こうと思う。もしも父が満足すれば希望が持てそうだから。

jeri.jpg ジェリーフィッシュ
kouhuku.jpg 幸福








modern times

映画|2011-07-31 22:08


ん~
やっぱりチャップリン最高。思わず涙が溜まっちゃった。
なんといっても、ティティナのシーンが…ここまでの流れが計算されつくされているんですね。
もう感動しました…わかっているのに何度見ても堪らん。全部通してあと10回見たい。

そのあと図書館で淀川長治さんの本読んでいたら、映画への愛、
とりわけチャップリンに対する愛情半端なくてまた涙が溜まった。笑 は~

modern times







日記|2011-07-30 00:10


チャップリン、モダンタイムス借りてきた。
明日の朝5時半に起きて見るのだ。こういう映画がちょうどいい気分。
でないとオカルト系ホラーに突っ走りそうだな。
前半の授業が終わった。
あんなに理解してもらおうなんて、ほんとわたしってわがままだ。
こんなじゃ長生きできないよ








検索フォーム





リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



映画がすきな日記: Script:FC2 Blog