fc2ブログ

映画がすきな日記

今日みた映画を忘れないように

プロフィール

Lisa

Author:Lisa
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画 (9)
日記 (4)
美術 (1)


7月12日

映画|2011-07-12 01:07

先週、父と妹と弟がエルサルバドルに帰りました。
私は来年に帰る予定です。
先週観た映画↓
「引き裂かれた女」クロード・シャブロル監督
「光のほうへ」トマス・ヴィンダーベア監督
DVDで観た映画↓
「大人は判ってくれない」
「奇跡の海」
「セブンス・コンティネント」
わたしの偏った映画鑑賞!








7月7日

映画|2011-07-07 06:28

先週見た映画は4本だけでしたが、3本がアッバス・キアロスタミという自分好みに偏った映画鑑賞でした。やっとトリアーの呪縛から解き放たれて(笑)、キアロスタミの映画に身体が心地よく震えました。4月に「トスカーナの贋作」を見て以来キアロスタミという監督は私にとって頭から離れない存在です。先週見たのは、「パンと裏通り」、「トラベラー」「桜桃の味」。
4本目は「飛べフェニックス」。授業で見ました。飛行機好きの父にぴったりな映画です。

traveler outounoaji.jpg




6月30日

映画|2011-06-30 06:11

きのう授業の課題がひとつ終わったのでほっとしています。
ダンサー・イン・ザ・ダークの感想です。
でも参考になるような日本語の批評がありませんでした。
フランス語が分かれば、視野がぐんと広がるはずです。
フランス語、勉強しなくちゃ。
北野武がフランスでは小さな男の子が映画監督にサインを貰いに来るんだよ。
と言っていて私は、ほ~ぉ…と感心というか感動してしまいました。
武も衝撃を受けたみたいで、
俺達の子供時代のヒーローは野球選手に決まってた。やっぱり芸術の国は違う。と言っていました。
そんなこと考えて結局感想文はまとまりませんでした。



ところでトリアーの新作「メランコリア」が早く観たいです。
主演はキルスティン・ダンストですが当初はペネロペ・クルスの予定だったそうです。
パイレーツオブカリビアンと撮影がかぶってしまったみたいです。ざんねん…
トリアーの映画でペネロペ・クルスがどんな風に映るのかとても興味がありました。
(ダンストはだいたい想像ができるぜ。)
予告編を観ましたがとても映像がきれいでした。
「アンチクライスト」からますます映像の美しさに磨きがかかっているー。




米Playlistによれば、トリアー監督の新作の仮題は「ニンフォマニア(The Nymphomaniac)」。
色情狂の女性を指す言葉。なお、同作はこれから出資者を探す段階で、キャストは未定。









映画|2011-06-27 07:00


映画を観たらなるべく書き留めようと思います。
余裕があれば感想も書きたいところですが、まずは記録することに集中します。
振り返るときりが無いので先週の木曜日から。
23日 大学の授業が1限で終わってしまったので(レディースデイを考慮して午後を空けているのです)
まず、大学のDVDが自由に見られる施設へ。
タルコフスキーの処女作「ローラとバイオリン」を観ました。




次にヴィム・ヴェンダースの「東京画」




そして今池の名古屋シネマテークへ。
ブラジルとフランスの合作「名前のない少年、脚のない少女」を観ました。







「東京画」はとても面白いと思いました。「僕に影響を与えた監督は、間違いなく小津安二郎だ。」と言い切るヴェンダースは小津映画の中にある日本人、東京のイメージを探しにカメラを持って東京を歩きます。
そこに映ったのは小津映画とはかけ離れたものでした。しかしヴェンダースの目を通した映像からはそんな日本の現在を優しく包む暖かさが感じられ、「東京画」はドキュメンタリーながらヴェンダース映画そのものなのでした。










検索フォーム





リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



映画がすきな日記: Script:FC2 Blog